はじめての個人輸入はこれに気をつけろ!

個人輸入で気をつけること

タダシップを手軽にゲットすることのできる個人輸入

しかし、医薬品の個人輸入には気をつけなければならないことがあります。

最悪の場合、法を犯してしまい罪に問われてしまったり、偽物を服用してしまい体に障害が残ってしまったり、なんてことも。

そうならないためにも、最低限気をつけなければならないことを確認しましょう。

知っておくべき個人輸入のルール

個人輸入のルール

まずは法を犯してしまわないために、個人輸入のルールを確認していきましょう。

1.自分の使用・消費のためだけに購入する
2.輸入が禁止されているものは輸入しない
3.購入できる量を守る
4.なにがあってもすべて自己責任

1.自分の使用・消費のためだけに購入する
医薬品の個人輸入の場合、前提となるのが「個人が“自分のためだけ”に購入」するということ。
以下の行為は薬事法で禁止されています。

・商売目的での輸入
・誰かのための輸入
・誰かと一緒に輸入

これらは、自分だけの使用・消費のための購入ではないので禁止となっています。

2.輸入が禁止されているものは輸入しない
たとえ購入できたとしても、日本国内で使用が禁止されているものは輸入できません

・麻薬や向精神薬
・覚せい剤、覚せい剤の原料
・大麻
・脱法ドラッグ

手に入るからと購入はしないようにしましょう。
あなたの手に届く前にあなたが捕まってしまいます。

3.購入できる量を守る
医薬品は購入できる量に決まりがあります。

●外用剤(毒薬、劇薬および処方せん薬を除く。):標準サイズで1品目24個以内
*外用剤・・・・・軟膏などの外皮用薬、点眼薬など
*処方せん薬・・・有効で安全な使用を図るため、医師による処方が必要とされる医薬品
●毒物、劇薬または処方せん薬:用法用量からみて1ヵ月分以内
●上記以外の医薬品・医薬部外品:用法用量からみて2ヵ月分以内

規定の量をオーバーして購入してしまうと、税関で引っかかってしまうので注意しましょう。

4.なにがあってもすべて自己責任
個人輸入は自己の判断の下で行うものです。
業者との間のこと、薬に関することはすべて自己責任となります。
荷物が届かない、薬が偽物だった、副作用のせいで体に障害が残ったなど、どんなことも自己責任です。
それを理解したうえで安全に個人輸入を行いましょう。

購入するなら信頼できるサイトから

信頼できるサイトの見つけ方

荷物が届かない、偽物が届いた、薬の内容量がおかしいなど個人輸入に関しての問題が上がっています。

きちんとした商品を購入するために、信頼できるサイトを見つけましょう

見つけたらころころとサイトを変えるのではなく、そこから購入を続けると安心です。

しかし、安心できるサイトを自分だけで見つけるのは難しいこと。

良いサイト悪いサイトの見分け方を紹介します。

良いサイトの見分け方

●長い運営実績がある
リピーターがいるかどうか、レビューに悪いことが書かれていないかを確認しよう。
リピーターがいて、レビューも悪くなければ本物の商品を使っているいいサイトということ。

●サポートがしっかりしている
問い合わせ窓口があれば、なにかあってもサポートしてくれます。
電話サポートがあればなおよし!

●運営サイトの情報が記載されている
特定商取引法では、運営サイトの情報記載が義務付けられています。
記載されているということはきちんと法律を守っているということ。

●目につくところに「メーカー正規品100%」の記載
メーカー正規品100%=100%正規品だという保証となります。

●クレジットカード払いに対応している
カード会社からの信頼があるということ。

●プライバシーが守られている
・URL「https://」から始まっていれば、第3者からは見れないようになっている証拠
・薬の名前が伏せられて届く

悪いサイトの見分け方

●価格が相場より極端に安かったり高かったりする
偽物の可能性が高い。
購入する薬の相場をきちんと確認して購入しましょう。

●成分量がおかしい
タダシップ通販は20mgしかありません。
成分量が多いと副作用が強くでてしまい、体に障害が残ったりします。

●代引きに対応している
個人輸入では基本的に代引きはNG。
銀行振込、コンビニ支払い、クレジットカード払いはOK。

●届くのが早い
国内で保管しているものを発送している可能性が高いです。
それは転売にあたる違法行為。
海外からの直接発送しかないため、1~2週間はかかってしまいます。


PAGE TOP